ささやかでも心のこもった毎日を・・・。私のレシピ♪


by murarin08

カテゴリ:Culture( 2 )

おくりびと

「おくりびと」見たよ~。
数々の賞をとっただけあるね、感動しちゃった・・・。

生と死、愛と憎しみ、都会と田舎、差別社会、経済不況・・・
重いテーマだけどユニーク、かつシンプルに描かれているんだよね。
音楽もキャストも情景もとっても良かったと思ったよ。

まず感想としては死に対する私たちの考え方に疑問を投げかけてくる。
誰だって「死」を迎えるはずなのに…
健康であるが故か、まるで死と無縁とでも勘違いしてしまう人が沢山いる悲しい現実。

この映画の良いところはキャストが誤った偏見や誤解を最初は持っているけれど、
経験を通して自分が間違ってたことを学んでいくこと。
主演もモックンすら偶然にも「納棺師」に就いたけど、その職種に最初は戸惑いを隠せない。
徐々に受け入れていくが、その妻にとってみれば旦那の仕事を理解は尚更難しい。
モックンは幼い頃に立ち去ってしまった父へ誤解を持ち続け、拒絶する・・・
父の死に直前するまで。ずっと恋しかったはずなのに。

考えを改める瞬間は、誰しも極限の場面だったりする・・・
例えば誰かの死だったり、大切なものを失った瞬間だったり・・・。
それがむなしくもあるが、現実でもあるようなきがする。
人は互いに悔い改め、学んでいくのが常なのかな。
自分の立場でしか物事を見れないとき、人に相談して考えを聞き入れてみることが大切だと思う。
つい自分が可愛くて、他人の境遇までなかなか考えられないから。
c0182809_0174980.jpg

葛西臨海公園の菜の花。一面黄色で綺麗でした。

「死」は終わりではなくて、「通り門」だっていうせりふがあったけど、
私もそう考えたいなって思う。
その方が死も尊いものに感じるから。
誰もが大切な人をおくり、おくられる・・・。
私も祖父母を見送ったけど、二人はまた一緒にいて見守ってくれているといいな。

映画の中に、私が気にいったお話があった。
人がまだ言葉を知らなかった時、自分の感情に似た「石」をみつけて、
相手に渡したんだって。渡された人はその「石」の感触から感情を汲み取ったって。
いい話だね!!
今日は海辺に行ったから石探そうかと思ったけど、なかなか難しいww
c0182809_0173547.jpg

まだひっそり咲いてる桜。来週は満開か!?

人の生と死について沢山考えた昨日。
今日は春の自然の生を感じてきた。
綺麗な花に元気を沢山もらった!春は大好き。
[PR]
by murarin08 | 2009-03-30 00:25 | Culture

Piano Live

今日はShiftでピアノを演奏してくれた永田茂さんのピアノのライブに行ってきました。
永田さんはジブリで作曲編曲されていた経験をもつプロのピアニスト。
今日は幅広いジャンルの音楽を演奏してくれました。
c0182809_1522927.jpg


クラシック音楽なのかな~と思いきや!ぽにょのテーマから始まった♪
大好きなぽにょのテーマで私はテンションUP^^
そして、ホウィットニーヒューストン♪・・・ゴスペル音楽♪・・・
そして永田さんがジブリに採用されるきっかけとなったオリジナルの曲。
ジブリにぴったりなピュアで壮大な世界感の曲でした。
c0182809_153753.jpg


普段ピアノ演奏なんて、聞くことあんまりないけど・・・
素直にピアノの音って澄んでいて綺麗だな~~って感じました^^;
きれいな音楽って、やっぱり気持いいねー。
音が人の心に与える影響って大きいなって改めて思いました。
心が洗われましたww
[PR]
by murarin08 | 2008-12-28 01:57 | Culture